電気主任技術者の資格には第一種電気主任技 […]

電気主任技術者の資格

電気主任技術者の資格には第一種電気主任技術者・第二種電気主任技術者・第三種電気主任技術者の3種類の資格があります。

電気事業用及び自家用電気工作物などの事業用電気工作物の設置者には電気主任技術者を選任することが電気事業法により義務付けられているので、資格として取得しておくことがオススメです。

第一種電気主任技術者は規模に関係なくすべての事業用電気工作物の工事、維持及び運用の保安の監督を行うことができる資格で、第二種電気主任技術者は電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物、第三種電気主任技術者の場合は電圧が5万ボルト未満と、資格によって規模が違ってきます。

電気主任技術者と第一種電気工事士・第二種電気工事士の資格とは違うものですから注意しましょう。

電気工事士の資格は、一定範囲の電気工作物について電気工事の作業に従事する人のための資格です。

電気主任技術者の資格は、国家試験が電気主任技術者試験という名称なので電験(でんけん)と呼ばれることがあります。

第一種電気主任技術者は電験1種、第二種電気主任技術者は電験2種・第三種電気主任技術者は電験3種というぐあいに呼ばれるのが一般的です。

受験資格の制限がありませんが難しいことで有名です。

関連URL・・>>電気主任技術者の求人・転職サイト